指導内容

スズキ・メソードについて

赤ちゃんは、お父さんやお母さんの話す言葉を毎日繰り返し聞いているうちに、いつのまにか自然に覚えて、話せるようになっています。これがスズキ・メソードの創始者 鈴木鎮一の、耳から育てる「母語教育法」の基となりました。この教育法は世界46ヵ国に広がり、音楽だけでなくいろいろな分野に活かされています。

子どもの脳は柔らかく、なんでも吸収していきます。人格や個性もほとんどこの時期に確立します。ですから、"乳幼児期の子どもは良い環境の中で育てること"を一番に考えましょう。生まれたときから芸術的にすばらしい音楽をたくさん聴くことをスズキ・メソードでは大切にしています。良い音楽を何度も繰り返し耳にするうちに、自然に音楽的センスがどの子にも育まれていきます。

また、教育において親が果たす役割は大きく、スズキ・メソードは半世紀以上にわたって親と共に取り組んできました。幼いころから常に良い演奏を聴き、繰り返し練習することで、自然と楽器に親しみ、やがて誰もが弾けるようになります。

母語教育法

赤ちゃんは毎日繰り返し耳にしている言葉を、いつのまにか話せるようになります。それを誰も特別なこととは思いません。お父さんお母さんがていねいに、よく話しかけることで、言葉が話せるようになり、たくさんの言葉を身につけていきます。それは赤ちゃんにとって、十分刺激を受ける、恵まれた環境といえます。

環境 まずよい演奏を繰り返し聴きましょう。母語が育つときと同じように、生活の中に音楽が溢れる環境をつくりましょう。
能力 お父さん、お母さんのように話したい!赤ちゃんが言葉を話し始めるときのように、弾いてみたい!という心を引き出すことが大切です。レッスンを見学して心の準備、受けとる準備をしましょう。そこから意欲は生まれます。
喜び 自由に話したい!という気持ち、あの曲を弾きたい!という気持ち、それを達成したときの喜びが、さらなる向上心となって次の意欲を生み出します。

親子で同じ目標に向かって努力する

情報があふれ、ますます慌ただしくなっていく現代社会。その中でスズキ・メソードは変わらず"親子で学ぶ"ことを基本としています。

お母さんも一緒にレッスンに通い、家では先生となって繰り返してください。楽器を演奏する経験の有無は関係ありません。
先生がしたように、言ったように毎日繰り返すことで同じ目標を持ち、「できた!」という喜びを共有できるでしょう。

スズキ・メソードの才能教育五訓

  1. より早き時期
  2. より良き環境
  3. より多き訓練
  4. より優れたる指導者
  5. より正しき指導法

ヴァイオリン

加藤 寿子

経歴 大学卒業後スズキ・メソード音楽学校で学び、指導歴は40年を越えました。
メッセージ

「日本語を話すことにおいては、りっぱにすぐれた能力を身につけている。(中略)どの子も、うまく育てれば、みんな高くよく育つ。その可能性を備えて生まれてきている」
…(引用)講談社新書 鈴木鎮一著 『愛に生きる』より

親子でおけいこに取り組む日々は楽しい事ばかりではなく、心折れそうになるできごと、行き先を見失う思いに見舞われるかもしれません。
また、「やらせよう」とおさえつけたり、曲の進みに気を取られ焦ったりすることもあるかもしれませんが、"どの子も育つ 育て方ひとつ"という理念のもと、音楽を通して親子で学んで参ります。
教室には幼児から社会人まで幅広い年齢の生徒が通ってきています。どうぞ見学にお越し下さい。

ヴァイオリンケースが大好きな愛猫レオンです♪

スズキ・メソード 多治見教室 加藤クラス

〒507-0072
岐阜県多治見市明和町5-11-1 メイワプラザ3F
[連絡先]
【ヴァイオリン】0572-23-5089 (加藤) 
【チェロ】052-895-2464 (中島) 
【フルート】0572-29-1925 (矢島)
[レッスン日]
【ヴァイオリン】木・金・土曜日 
【チェロ】火・水曜日 
【フルート】月曜日

スズキ・メソードオフィシャルサイト 
スズキ・メソード東海オフィシャルサイト